So-net無料ブログ作成

モンスターエナジー 成分 死亡 [ニュース]

スポンサーリンク




モンスターエナジー 成分 死亡 「エナジードリンク」と呼ばれる栄養ドリンクが日本でも最近 販売されていますね。有名なのは、F1のスポンサーをやっている 「レッドブル」でしょうか。

t_RTR201210230143.jpg

そのエナジードリンンクで日本でも最近発売された「モンスター
エナジー」を飲んだ後に亡くなった人が過去3年間で5人
米食品医薬品局(FDA)に報告されていることが
23日、米メディアの報道で分りました。
実際の、このドリンクと死亡との因果関係は不明だそうです。

「モンスターエナジー」は、2002年にアメリカで発売され
アメリカをはじめ北米、南米、欧州、豪州、アジアなど
世界57カ国以上で販売されている「エナジードリンク」です。
2010年7月~2011年11月の米国エナジードリンクカテゴリー
におけるシェアはNo.1だとか。

日本では、アサヒがこの「モンスターエナジー」ブランドの
日本国内における独占販売権を取得し、
「モンスターエナジー」(税抜190円)と
「モンスターカオス」(税抜190円)
を発売しています。
最近、コンビニでも見ますよね。

アメリカで死亡者が出ているのは、「大きいサイズのモンスターエナジー」
を飲んでいたということです。
アメリカのソフトドリンクは何でもかんでも、大きいですから。

因果関係は不明ですが、「モンスターエナジー」の
大量のカフェインが疑われているそうです。

昨年12月に不整脈で死亡した14歳の少女は、
死亡する前の2日間に続けて、大きいサイズの
モンスターエナジーを飲んでいたそうです。

大きいサイズというはわかりませんが、アメリカの
ソフトドリンクの大きいサイズというなら
2リットル位は、あるのでは、ないでしょうか。

「エナジードリンク」とは何?、というのは、差し置いて
仮に、日本の栄養ドリンクに例えるなら、「ユンケル」
とか「ゼナ」を2リットル、毎日続けて飲んだら
そりゃまずいでしょう。
という話でしょうか。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。